14キャッシングと信用情報機関

キャッシングを利用する際に信用情報機関への問い合わせが行われます。これは審査の段階で行われるのですが、この信用情報機関に問い合わせて審査が行われます。信用情報機関にある情報のことをブラックリストと呼んだりしていますが、実際にはこのブラックリストというのはありません。ブラックリストに載るというのは過去に借入があって返済できなかったとか滞納した、金融トラブルを起こしたなどの情報がすべてわかるようになっているのです。このデータをもとにしてキャッシングの審査が行われています。ブラックリストに載る載らないということはよく聞かれますが、信用情報機関への問い合わせということになります。他社借入をしているかという欄は申し込みをする場合にあると思いますがここでももしも嘘をついたとしてもすぐにばれてしまいますから信用情報機関に問い合わせればわかることです。
嘘をついていたことはキャッシング会社との信頼関係もなくなってしまいますし、やはり信頼関係をもとにしてキャッシングは利用しているわけですから嘘を書かないように注意しましょう。
信用情報機関に登録される情報というのは、本人の個人情報、借入に関わる過去の状況、消費者金融でのトラブルや、照会状況なども管理されています。1度に照会が何度も行われているということはここ数日で手当たり次第キャッシングを申し込みしているということにもつながりますので手当たり次第審査を受けるのも注意です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です