27キャッシングのグレーゾーン金利

キャッシングを利用しようと思って色々と情報収集をしている人の中には、グレーゾーン金利という言葉を聞いたことがあるという人もいるのではないでしょうか。グレーソーン金利というのは2006年に決められた貸金業規制法や出資法などに関してグレーゾーン金利に関わる法律についても改正されました。出資法と利息制限法との利息の上限の差となっている部分がグレーゾーン金利と呼ばれる部分です。今多くのキャッシング会社などではこのグレーゾーン金利での貸付が行われていることが一般的です。しかし2009年の11月までに出資法の金利が利息制限法の金利まで下がるとも言われていますから、現在キャッシング会社の多くが29.2%での貸付を行っていますが18%以下になることが予想されています。
キャッシングを利用する際にはこのグレーゾーン金利で借りるという人も多いと思いますが最近はすでにグレーゾーン金利が廃止されることも決まっていますから、キャッシングのオリックスローン以外はほとんど同じグレーゾーン金利ぎりぎりで貸し付けを行っています。少しでも金利を安くしたいと思っている人の場合にはグレーゾーン金利以下のキャッシング会社を選ぶというのがポイントです。たとえばオリックスVIPローンの場合には実質年率の上限が15%ですからグレーゾーン金利ではありません。
キャッシング会社を選ぶ際には金利についてもよく理解したうえで借入をするようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です